ディレーラーハンガー修正

Share on Facebook
LINEで送る

新車の組立で変速調整をするのですが、たまにディレーラーハンガー
(Rディレーラーの台座)が曲がっている場合があります。

ディレーラーハンガーが曲がっていると変速の性能が低下し、ギアなりや
シフト操作に支障をきたします。一番怖いのは曲がっているせいで折れて
しまいRディレーラーを車輪に巻き込んでしまうことです。

走行中にの回転している車輪にRディレーラーが巻き込まれると!!
ご想像の通りです。車体の破損だけではなく大けがをします!!

治し方はRディレーラーをはずし、そこに修正工具を取付けます。

この工具でディレーラーハンガーが車輪に対して上下左右均等に
なるように修正します。
修正完了後Rディレーラーを元に戻し完成です。

実はこの作業昨日の組立の出来事ですが、なんと今日の組立車も
曲がっていました。

ディレーラーハンガーが曲がったまま走行するのは非常に危険です。
みなさま、是非ご自分の愛車を今一度チェックしてください。
曲がっている場合は至急修理してくださいね。