ロードバイクならWilier(ウィリエール)

ASTANA_05

「ロードバイクならWilier」
数あるロードバイクブランドの中から当店がWilierの取扱を始めた理由は、元々ロードバイクの旗艦ブランドを持っていなかった当店は、クロスバイクなどからステップアップされる常連様などに既存のクロスバイクブランドのロードバイクなどを販売していました。しかし、ロードバイクブランドのニーズにお応えすることが出来ない現状があり、悩んでおりました。そこで出会ったのが「wilier」です。イタリアンブランドならではのデザイン、そしてバランスの取れた価格やラインナップに惹かれ、半ばユーザー心のような気持ちで始めました。そして、数多くのブランドを抱え販売するよりも、一つのブランドをメインに据え、展示や商品知識を集約し展開しております。今ではスタッフも皆「wilier」に乗り、お客様とライドや会話をしながら、「wilier」愛を込めて、「ロードバイクならWilier」と言えるに至りました。

Wilier History

22nd Santos Tour Down Under - Schwalbe Classic

1900年代初頭、イタリアは自転車の需要が飛躍的に増加しました。バッサーノの商人ピエトロ・ダル・モリン氏は、自転車事業に私財を投入し、ベッキオ橋で有名なバッサーノ・デル・グラッパにあるブレンタ河岸に自転車工房「スチールホース」を設立します。1906年、ついにウィリエールはモリン氏の手によって産声をあげたのです。

第一次世界大戦後、ウィリエール社はピエトロの息子の一人であるマリオが中心となり、クロムとニッケルメッキを施した自転車の生産を始めました。マリオのリーダーシップの元、ウィリエールの生産量は著しく増加し、また第二次世界大戦でも大きなダメージを受けることなく会社は発展を遂げます。

第二次世界大戦後、イタリアの復興再建において最も重要な交通手段であった自転車。国の復興と共に人々の関心は、“生活に密着した自転車”から、“スポーツサイクル”に向けられて行きます。そして、ロードレースはサッカーとともにイタリアで人気のスポーツに発展しました。そこでウィリエールはトリエステ出身のジョルダーノ・コッターをキャプテンとするプロフェッショナルレーシングチーム創設を決意しました。彼はバッサーノ・デル・グラッパ地区生まれのアマチュア選手で、後にジーノ・バルタリと同じくらいの成功を収めることとなります。また、同時にモリン氏は、トリエステの未来を考え、町の名前を彼の会社名に付け加えることを考えました。

そして、1945年秋、後にウィリエール社のシンボルカラーとなるレッドカッパーの自転車と共にウィリエール・トリエスティーナ社が誕生しました。翌年、第二次大戦後第一回目となるジロ・デ・イタリアで、ジョルダーノは偉大な二人のチャンピオン、コッピとバルタリの争いに割って入り、いくつかのレースで勝利しました。その後、数多くのレースで勝利を重ねたウィリエール・トリエスティーナ社は、イタリアの自転車競技界において重要なポジションを占めることとなりました。またイタリア国内の産業発展により増加する自転車需要に合わせ、工場とスタッフを拡大。その規模は1日200台の自転車を生産し、300人もの工員を抱えていました。

1947年、大きな成功と名声の中、ウィリエール・トリエスティーナ社は将来有望な若手選手フィオレンツォ・マーニを獲得。フィオレンツォは2大チャンピオンのコッピとバルタリに挑戦し、1948年のジロ・デ・イタリアを制覇。彼はコッピとバルタリに続くイタリア3番目のヒーローになりました。また同年、ウィリエールは南米にも活動の幅を広げ、南米のプロサイクリストを集めた小さなチームを作り、数えきれないほど多くの勝利を手にしました。翌シーズンもウィリエール・トリエスティーナチームはそのすばらしいパフォーマンスを発揮し、多くのナショナルレースで勝利を獲得しました。また1949年と1950年にはツール・ド・フランドルとツール・ド・フランスで大きな成功を収めました。

1950年代初頭、国家再建と共にイタリアの奇跡とも呼ばれる経済成長が訪れました。残念なことに、人々の移動手段は自転車からスクーターやモーターサイクルへと移りはじめました。これらオートバイの登場により、自転車産業は大きなダメージを受けることとなりました。そして、1952年ウィリエール・トリエスティーナ社は工場を閉鎖し、競技活動からも離れることとなりました。

その後、1969年に「ウィリエール・トリエスティーナ」の栄光の物語とその「カッパージュエル」のバイク達は、ロッサノ・ヴェネト出身のガスタルデロ兄弟の手によって再び息を吹き返しました。そして、ウィリエール・トリエスティーナはイタリアで最もよく知られる自転車メーカーの一つとして再びイタリア自転車業界に戻ってきました。イタリア国内だけでなく海外のプロチームにもウィリエールは自転車を供給し、世界各地で活躍しています。

フラッグシップ

Zero SLR

軽量ディスクロードバイクでは世界初のケーブルをフル内装した電動変速専用フレーム。
トタル・ディレクトエネルジーがツール・ド・フランスで使用。

Cento10 PRO

110周年記念として開発されたCento10Airから、さらに剛性を高めたモデル。
春のクラシックレース2019でプロチームが使用。

Cento10 ELITE

110周年記念として開発されたエアロレーシングバイク。
Cento10 (チェントディエチ)はイタリア語で110を意味する。

ミドル

Cento10 NDR

開発に2年以上を費やしたアクティフレックスシステムを採用し、2つのブレーキシステム(ダイレクトマウントキャリパーブレーキ&ディスクブレーキ)に対応したレーシングバイク。

別売りのスルーアクスルキット(15,000円/税別)をご利用いただくと、ディスクブレーキ(フラットマウント)仕様としてお使いいただけます。

Cento1 NDR

ユーザーのニーズに応えた最新のチェントウノ。2つのブレーキシステム(ダイレクトマウントキャリパーブレーキ&ディスクブレーキ)に対応したレーシングバイク。別売りのスルーアクスルキット(15,000円/税別)をご利用いただくとディスクブレーキ(フラットマウント)仕様としてお使いいただけます。

Zero.9 LTD

60Tカーボンを採用したオールラウンドレーシングバイク。
日本オリジナルモデル。

Cento1 AIR

60Tカーボンを採用したカムテールデザインのエアロレーシングバイク。
ロードレースはもちろんショートトライアスロンにも最適。

Cento1 AIR DISC

ベストセラー「Cento1AIR」のディスクブレーキモデル。
エアロ系ディスクロードバイクの新たな選択肢。

エントリー

GranTurismoR Team

46T/30Tカーボンを使い、高い快適性も備えたロードバイク。

GranTurismoR Team Disc

46T/30Tカーボンを使い、高い快適性も備えたディスクブレーキ専用のロードバイク。

Stella SL

60T/46Tカーボンのオールラウンドロードバイク。スモールサイズ限定。

アルミ

monte4

モンテグラッパシリーズ最軽量のロードバイク。日本オリジナルモデル。

Montegrappa Team

上位グレードのフォルムを引き継いだアルミロードバイク。フルカーボンのフロントフォーク採用。

Montegrappa Disc

週末のロングツーリングから毎日の通勤まで活躍する、サイクリストの冒険心をくすぐるアルミディスクロードバイク。

クロモリ

Zaffiro

コロンバスSLチュービングを採用した日本企画のスチールフレーム。
28Cタイヤに対応した美しいラグとフォーククラウンにある“イタリアンマーク”が特徴。

Gastaldello

フルカーボンフォークを採用しオーバーサイズのチュービングを使用したスチールフレーム。
滑らかな溶接のフィレットとすっきりとしたシルエットのインターナルの2タイプ。

アクセサリー

GT GTR serise5

【カスタム内容】
・タイヤ :ヴィットリアZAFFIROⅡ700X23Cオールホワイト
・サドル :RACER SADDLE ホワイト
・ペダル :M-21 ブラック

RITEWAY SHEPHERD CITY

【カスタム内容】
・タイヤ :パナレーサーリブモS700×28C ホワイト
・ペダル :CASUALPEDAL ホワイト
・ブレーキシュ :836.12 ホワイト
・グリップ :アキパーツALLOY LOCK ON GRIP ホワイト

BE ALL Alize-R

【カスタム内容】
・サドル :RACER SADDLE オールレッド
・ペダル :M21ペダル レッド
・ブレーキシュ :836.12 レッド . . .